どちらが節約になる?クレジットカード払いと現金払いを比較

2022-04-06

https://hoken.niaeru.com/media/life-money/cash-creditcard/

急病時に、保険会社から病院へ保険金が直接支払われるサービスがあれば、利用したいですか?

最近日本においても、ますますキャッシュレス化が進み、「クレジットカード払いはおトク!」なんていう話を耳にしたことがあるかもしれませんね。

しかし、クレジットカードでの支払いは、現金払いよりもおトクなのでしょうか?

そこで今回は、クレジットカード払いと現金払い、どちらが節約につながるのか、素朴な疑問にせまってみたいと思います。

1.現金払いのメリット・デメリットは?

まずは、現金払いのメリットとデメリットをみていきましょう。

1-1.現金払いのメリット

  • お金の使いすぎを防げる
  • その日の支出額を把握しやすい
  • どの店舗でも支払いができる

現金払いのよいところは、目に見えて手持ちのお金が減っていくので、お金を使った感覚をきちんと持てること。

今日使った金額も、財布の中身を見てすぐに把握することができます。そして何より手持ち以上のお金が使えないので、使いすぎを防ぐことができるのが大きなメリットです。

さらに小さな個人店の場合などはクレジットカードでの支払いを受け付けていないお店もあるため、現金であればどこでも買い物ができるという安心感もあります。

1-2.現金払いのデメリット

  • ATMでお金を引き出す手間がかかる
  • インターネットでの買い物が不便

現金払いのデメリットは、財布にお金がなくなったら都度ATMでお金を下ろす必要があることです。急遽お金が必要になったとき、ATMが時間外だった場合は、その分手数料を取られてしまうこともあります。

さらにネット通販を利用する際も、現金で支払うとなると、代引き手数料を取られたり、わざわざコンビニまで出向いて支払いをしなければならなかったりと、何かと手間と時間を要してしまうのが難点です。

2.クレジットカード払いのメリット・デメリットは?

続いて、クレジットカード払いのメリットとデメリットをみていきましょう。

2-1.クレジットカード払いのメリット

  • ポイントが貯まる
  • インターネットでの買い物がスムーズ
  • 海外旅行時にあると便利

クレジットカードは、買い物をするたびにポイントを貯められるため、ポイントをうまく活用して、好きな商品との交換や、キャッシュバックをすることも可能です。これらのポイントは現金払いでは得られない特典であるため、ポイントを意識してクレジットカード払いをする人が最近では増えている傾向にあります。

また海外旅行に出かけた場合、円を外貨に両替する手数料よりもクレジットカードの為替換算手数料の方がおトクになることがほとんどのため、無駄な出費をおさえて現地でお買い物ができるというメリットもあります。

2-2.クレジットカード払いのデメリット

  • お金を使いすぎてしまう
  • 不正使用の可能性がある

クレジットカード払いの場合、手元に現金がなくても買い物ができるため、つい予算以上のものを購入してしまったり、衝動買いをしてしまったりと財布のひもがゆるくなりがち…

使った分の引き落としも翌月以降になることが多いため、いくら使ったのか普段から収支の管理をしていないと、金銭感覚が麻痺してしまうこともあります。

またカード情報の漏洩や、紛失や盗難によって不正利用の被害にあう可能性も決してゼロではありません。

3.実は使い分けが節約になる!? 現金とクレジットカードを使いこなすヒント

現金払いとクレジット払いではそれぞれメリットとデメリットがあるため、個人の支出傾向によっても判断はさまざま。

そのため、家計管理を賢くおトクに行うには、使い分けの方法が肝になるのです。

3-1.浪費家タイプには現金払いが断然おすすめ!

クレジットカード払いは、お金が手元になくてもお買い物ができてしまうため、浪費家タイプの人にとっては、「便利さ」というメリットよりも「使いすぎてしまう」というデメリットの方が上回ってしまいます。

そのため、普段から無駄使いが多い人には、使いすぎたときにすぐに気づくことができ、節約の意識も高くなる現金払いがベストな支払い方法です。

3-2.固定費はクレジットカード払いがおすすめ

クレジットカード払いのメリットである「ポイントを貯められること」をうまく生かすには、毎月必ず発生する固定費をクレジットカード払いにすること。

電気・水道・ガス・保険料・通信費などの固定費は、まとめるとかなりの金額になるため、毎月かなりのポイントをおトクに貯められるのです。

基本的に固定費は月々の金額が大きく変動することなく、管理がしやすいので、クレジットカード払いにしておいても「お金を使いすぎる」といったクレジットカード払いのデメリットが発生しないのもポイントです。

3-3.変動費は現金払いがおすすめ

食費や交際費、美容費、レジャー費などの変動費は、必要がなくてもつい買いすぎたり、使いすぎたりしてしまう項目のため、節約意識を持つためにも現金払いがおすすめ。

変動費をクレジットカード払いにすると、「銀行の残高があるし、これくらいならいいよね」と、金銭感覚がなくなり、つい油断して使いすぎてしまうので、変動費を意識的に削ることで、かなりの節約効果を得られます。

まとめ:ライフスタイルに合わせてうまく活用するのがベスト!

自分自身のお金の使い方や家族構成や支出傾向を見ながら、現金払いとクレジットカード払いをうまく活用するのがおすすめです。

どちらもメリットがうまく活かせるような自分なりの使い方を見つけて、賢い家計管理をぜひ実践してみてくださいね。

おすすめの保険お役立ち記事

※記事内容の利用・実施に関しては、ご自身の責任のもとご判断ください。

※掲載している情報は、記事公開時点での商品・法令・税制等に基づいて作成したものであり、将来、商品内容や法令、税制等が変更される可能性があります。また個別の保険商品の内容については各商品の約款等をご確認ください。

あわせて読みたい関連記事

保険相談ニアエルは全国1500店舗の保険ショップから
自分に合った保険ショップを検索・予約できるサイトです。

初めての方も安心!
3つのポイント

何回相談しても
無料
保険ショップでの保険相談はすべて何回でも無料です。
お客さま満足度
95
保険相談ニアエルご利用者アンケートにて95%の方に高評価を頂きました。※1
口コミ数
約7,000件※2
生の声を参考に、信頼できる店舗を予約できます。

保険ショップを
今すぐ予約

Webで検索・予約

全国1,500店舗から
お近くの保険ショップをかんたん検索

検索

電話で予約

当日・翌日のご予約はお電話で

0120-963-733

通話無料・年中無休 | 受付/9:30~18:30

  1. ※1「保険相談満足度(応対、ヒアリング、説明、提案、時間などの総合的な評価)」計測期間:2018年10月〜2019年3月
  2. ※2 2020年9月現在

保険相談ニアエルは全国1500店舗の保険ショップから
自分に合った保険ショップを検索・予約できるサイトです。

初めての方も安心!
3つのポイント

何回相談しても
無料
保険ショップでの保険相談はすべて何回でも無料です。
お客さま満足度
95
保険相談ニアエルご利用者アンケートにて95%の方に高評価を頂きました。※1
業界口コミ数
第一位※2
口コミ数約7,000件!生の声を参考に、信頼できる店舗を予約できます。

保険ショップを
今すぐ予約

  1. ※1「保険相談満足度(応対、ヒアリング、説明、提案、時間などの総合的な評価)」計測期間:2018年10月〜2019年3月
  2. ※2 2020年9月現在

お近くにある保険相談窓口や
店舗をカンタンに検索できます!

お近くの店舗を探す

0120-963-733

通話無料・年中無休 | 受付/9:30~18:30