高校生になってかかるお金はどれくらい?公立・私立別に検証!

2020-02-06

/media/life-money/highschool-cost/
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
高校生になってかかるお金はどれくらい?公立・私立別に検証!

高校生ともなると、おしゃれを気にしたり、友達と出かけることも一気に増えたりして、一人前にお金が必要になってくる時期。さらに大学受験に向けて塾や予備校に通うなどお金がかかるため、ますます家計のやりくりに頭を悩ます家庭が増えてくる時でもあります。

では実際、高校生になってからどれくらいの教育費が必要になってくるのでしょうか?公立・私立別に解説しながら、中学校と比べてかかる費用、減る費用についてもご紹介します。

保険のお悩み、お金の不安がある方へ

お金の不安は、無料相談で解消お金の不安は、無料相談で解消

1. 私立の学校教育費は公立の約2.6倍!公立は通学関係費が増加傾向に

1. 私立の学校教育費は公立の約2.6倍!公立は通学関係費が増加傾向に

文部科学省がおこなった「平成30年度子供の学習費調査」をもとに、高校生になってかかる学習費用の総額と詳細をみてみましょう。

1-1.【公立・私立別】高校でかかるお金の総額は?

公立高校の学習費総額(※)は約45万7000円、私立高校が約97万円と私立と公立の年間の差額は50万円ほどとなっています。

※「学習費総額」とは学費や通学にかかる費用を含む「学校教育費」、「学校給食費」、習い事や塾の費用などを含む「学校外活動費」の合計となります。

■高校の学習費(公立・私立別)

区分 公立 私立
学習費総額 457,380円 969,911円
 うち学校教育費 280,487円 719,051円
 うち学校給食費
 うち学校外活動費 176,893円 250,860円

※文部科学省「平成30年度子供の学習費調査」より

学年ごとのデータを見ていくと、公立高校の場合は1年次が約51万円、2年次は約46万円、3年次は約40万円と1年次が最もお金がかかり、学年があがるごとに徐々に金額が小さくなっています。

私立高校の場合は1年次で約116万円、2年次で約89万円、3年次が約85万円とこちらも公立同様に学年があがるごとに減少傾向にあります。

1-2. 私立は学校教育費の負担が大きい

学習費の内訳をみると、「学校教育費」は公立か私立かで差が大きく、私立は公立の2.6倍もかかります。

公立高校では学校教育費のなかでも実は通学関係費に最もお金がかかっており、全体の約28%を占めています。私立高校の場合は、授業料と学校納付金等がダントツに多く、2つの項目で全体の約60%強を占めています。また、通学関係費も公立高校に比べて多くかかっています。

■ 公立・私立でかかる高校生の学習費総額

区分 公立 私立
学校教育費 280,487円 719,051円
 授業料 25,378円 230,026円
 修学旅行・遠足・見学費 35,579円 53,999円
 学校給付金等 55,360円 215,999円
 図書・学用品・実習材料費等 41,258円 42,675円
 教科外活動費 40,427円 56,224円
 通学関係費 79,432円 114,043円
 その他 3,053円 6,085円

※文部科学省「平成30年度子供の学習費調査」より

1-3.私立・公立共通!学年が上がると「学校外学習費」が上昇

学習費総額は学年ごとに減少傾向になるなか、増えていくのが「学校外学習費」。学校外学習費は、習い事などの費用にあたる「その他の学校外活動費」と家庭教師や塾の費用にあたる「補助学習費」に分けられますが、高校生は学年があがるにつれ「補助学習費」が増加傾向にあります

公立高校の場合、「補助学習費」にかかる金額は1年次で約11万円、2年次で約13万円、3年次で21万円と3年次は1年次の倍の金額にまで膨れあがります。私立高校では、1年次で14万円、2年次で17万円、3年次で27万円とこちらも受験生にあたる3年次には月あたり2万円以上の出費が発生しています。

■高校の補助学習費(学年別)

区分 公立 私立
平均 147,875円 193,945円
高1 105,495円 141,296円
高2 128,904円 173,444円
高3 209,423円 269,289円

※文部科学省「平成30年度子供の学習費調査」より

さらに補助学習費のなかでも、学習塾や予備校にかかる「学習塾費」をみると、3年間の平均金額が公立で約11万円、私立で約13万円。学年別では3年が最も費用がかかり、公立でも約15万円、私立で約18万円となっています。

■高校の学習塾費 

区分 公立 私立
平均 106,884円 129,313円
高1 71,534円 85,200円
高2 98,567円 120,636円
高3 150,650円 183,807円

※文部科学省「平成30年度子供の学習費調査」より

2.中学生時代と比べて増える支出・減る支出は?

中学生時代と比べて増える支出・減る支出は?

意外に思えるかもしれませんが、高校生になると、公立・私立とも、中学生よりも学習費総額が少なくなります。

公立の場合、入学金や授業料などを含む学校教育費が増加しますが、一方で習い事や、家庭教師・塾などを含む学校外活動費の費用が大幅に少なくなります。ただし、高校では中学まであった給食費がなくなっていますので、その代わりに必要となる昼食代の負担を考えると、実質は同程度かそれ以上の費用がかかるといえそうです。

私立の場合は、学校教育費、学校外活動費とも少なくなっています。

■中学校と高校の学習費総額の比較

【公立】

区分 中学校 高校
学習費総額 488,397円 457,380円
 うち学校教育費 138,961円 280,487円
 うち学校給食費 42,945円
 うち学校外活動費 306,491円 176,893円

【私立】

区分 中学校 高校
学習費総額 1,406,433円 969,911円
 うち学校教育費 1,071,438円 719,051円
 うち学校給食費 3,731円
 うち学校外活動費 331,264円 250,860円

※文部科学省「平成30年度子供の学習費調査」より

3.まとめ:大学進学を視野に入れて教育費の準備を

今回は高校にかかる教育費についてご紹介しましたが、高校卒業後は大学進学などによりまとまった金額が一気に飛んでいき、子育てのなかで最もお金がかかる時期を経験するご家庭も多いでしょう。

子どもが高校生の期間は、教育費を貯められるラストチャンスでもあります。高校でかかる費用だけでなく、大学等への進学も視野に入れて、早めにお金の準備をしておくとよいでしょう。

 

※記事内容の利用・実施に関しては、ご自身の責任のもとご判断ください。

※掲載している情報は、記事公開時点での商品・法令・税制等に基づいて作成したものであり、将来、商品内容や法令、税制等が変更される可能性があります。また個別の保険商品の内容については各商品の約款等をご確認ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

保険の加入・見直しをお手伝いします!

あわせて読みたい関連記事

について

掲載店舗数No.1!全国1,500店舗の保険ショップを検索・予約できるサイトです。

初めての方も安心!3つのポイント

何回相談しても無料
保険ショップでの保険相談はすべて無料で、何回でも相談ができます。十分に納得がいくまでご相談ください。
お客さま満足度95%
保険相談ニアエルから保険相談をされたお客様を対象としたアンケートにて95%の方に「満足した」と高評価を頂きました。※2
約7,000件※3口コミ
実際に店舗で相談を受けた人の口コミが約7,000件!生の声を参考にして、信頼できる店舗を予約できます。
  1. ※ 実査委託先:日本マーケティングリサーチ機構(2018年9月)
  2. ※2「保険相談満足度(応対、ヒアリング、説明、提案、時間などの総合的な評価)」計測期間:2018年10月〜2019年3月
  3. ※3 2020年8月21日時点 6951件公開中

保険のことで迷ったら…保険のプロにおまかせ!

全国1,500店舗から
お近くの保険ショップをかんたん検索

検索する

当日・翌日のご予約はお電話で

0120-201-724

通話無料・年中無休 | 受付/9:30~18:30

お近くにある保険相談窓口や
店舗をカンタンに検索できます!

お近くの店舗を探す

0120-201-724

通話無料・年中無休 | 受付/9:30~18:30