中学生になってかかるお金はどれくらい?公立か私立かで大きな差!

2020-02-06

/media/life-money/junior-highschool-cost/
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
中学生になってかかるお金はどれくらい?公立か私立かで大きな差!

小学校から中学校に上がり、具体的にどれくらいのお金が必要になってくるのか、気になるママパパも多いのではないでしょうか。

今回は、中学生になってかかる教育費ついて、公立・私立別に解説していきます。

保険の疑問・お悩みはありませんか?

1.私立は公立の約3倍!? 中学生でかかるお金を大公開!

文部科学省がおこなった「平成30年度子供の学習費調査」をもとに、中学生になってかかる学習費用の総額と詳細をみてみましょう。

1-1.公立と私立で大きな差!中学校でかかるお金の総額は?

公立中学校の1年間の学習費総額(※) は約48万8,000円。対して私立中学校は約140万6,000円と、3倍近い差が生じています。

※「学習費総額」とは、通学費も含む学校教育ににかかる「学校教育費」、「学校給食費」、習い事や塾の費用などを含む「学校外活動費」の合計となります。

■中学校の学習費(公立・私立別)

区分 公立 私立
学習費総額 488,397円 1,406,433円
 うち学校教育費 138,961円 1,071,438円
 うち学校給食費 42,945円 3,731円
 うち学校外活動費 306,491円 331,264円

※文部科学省「平成30年度子供の学習費調査」より

さらに学年別のデータをみていくと、公立の場合、中学1年が約46万円、2年が約44万円、3年は約57万円と中学3年が最もお金がかかっています。この中学3年時は公立の幼稚園・小学校・中学校・高校のなかでも最も学習費総額が高いことが同調査から明らかになっています。

私立の場合は、1年が約162万円、2年が約123万円、3年が136万円と中学1年時に最も多くお金がかかっています。おそらく私立の場合、入学金など1年時にまとまったお金が必要になることが主な要因ではないかと考えられます。

1-2.私立は授業料や通学費などが発生

公立と私立を比較した場合、圧倒的な金額の差が生まれているのが「学校教育費」です。私立は公立の8倍弱の金額となっています。

「学校教育費」の内訳を見ていくと、私立の学校教育費の中で最も金額が高いのが授業料で、約43万円。公立は授業料がかからないこともあり、この差が大きな要因となっています。次いで入学金や施設費などを含む「学校納付金等」の約31万円、定期代などの「通学関係費」約14万円が私立中学の大きな費用となっています。一般的に、私立は公立と比べ遠距離の学校に通学する傾向にあることが費用の面からも見てとることができます。

■中学校の学校教育費

区分 公立 私立
学校教育費 138,961円 1,071,438円
 授業料 428,574円
 修学旅行・遠足・見学費 26,217円 82,578円
 学校給付金等 16,758円 305,130円
 図書・学用品・実習材料費等 25,413円 50,198円
 教科外活動費 29,308円 55,796円
 通学関係費 37,666円 140,765円
 その他 3,599円 8,397円

※文部科学省「平成30年度子供の学習費調査」より

1-3.公立と私立で大差なし! 3年間にかかる「学校外活動費」とは?

公立、私立を問わず、大きな差がないのが「学校外活動費」。幼稚園や小学校、高校では、公立か私立かで学校外活動費に大きな差がみられるのですが、中学校では2万5000円ほどの差にとどまっています。

■幼稚園から高校までの学校外活動費

区分 公立 私立
幼稚園 83,895円 165,658円
小学校 214,451円 646,889円
中学校 306,491円 331,264円
高校 176,893円 250,860円

※文部科学省「平成30年度子供の学習費調査」より

学校外活動費は、塾や家庭教師などの「補助学習費」と習い事などの「その他の学校外活動費」に分けられていますが、学年別のこれらの費用を比較すると、公立の幼稚園から高校までの「補助学習費」で最も金額が高いのが中学3年時となっています。小学生の時は習い事にお金をかける家庭が比較的多いなか、中学生になってからは、塾などのお勉強系にシフトする傾向があるようです。

また補助学習費は、「家庭内学習費」、「家庭教師費等」、「学習塾費等」、「その他」の4項目に分けられますが、これらを公立中学、私立中学で比較すると「学習塾等」のみ、公立の平均額が私立の平均額を上回る結果となっています。

■中学校の補助学習費の内訳(学年平均)

区分 公立 私立
家庭内学習費 13,229円 28,534円
家庭教師費等 20,777円 31,174円
学習塾費 202,965円 153,365円
その他 6,618円 7,273円
合計 243,589円 220,346円

※文部科学省「平成30年度子供の学習費調査」より

さらに学年別のデータを見ると、中学3年においては、私立の学習塾費が約19万円なのに対し、公立は約31万円と私立を大きく上回っています。

これには、私立の場合、中高一貫校受験に向けて小学生の時期から塾通いをし、高校受験を回避するケースがあることに対して、一般的に公立は高校受験に向けて中学3年から通塾が増えるという理由があるようです。

つまり、私立は中学生になって補助学習費が落ち着くのに対して、公立は中学3年次に補助学習費が大きく増えることになり、公立と私立で金額の差がなくなってくるということが考えられます。

2.まとめ:進路によって教育費が大きく変わる!計画的な貯蓄を

中学生になってかかるお金は、公立に行くか、中学受験をして私立に通うかで大きな差が生じます。特に首都圏や関西圏では、クラスの半数近くが中学受験をするケースも少なくありません。私立中学を希望する場合は、学習費総額が公立より多くかかるため計画的に教育資金を準備しておく必要があります。

また、公立に行く場合でも、高校受験に向けて準備が必要となります。中学の3年間は、学校外活動にお金がかかるため、子どもが小さい時からコツコツと貯蓄を始めておくことが重要になります。

倉沢れい(編集者・ライター)執筆:倉沢 れい (編集者・ライター)
大学卒業後、IT企業や翻訳会社を経て、出産を機にライターとしての活動を開始。子育てや女性の生き方の分野を中心に、ママがよりよく子育てを楽しむための情報をわかりやすくお伝えしています。


※記事内容の利用・実施に関しては、ご自身の責任のもとご判断ください。

※掲載している情報は、記事公開時点での商品・法令・税制等に基づいて作成したものであり、将来、商品内容や法令、税制等が変更される可能性があります。また個別の保険商品の内容については各商品の約款等をご確認ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

保険の加入・見直しをお手伝いします!

あわせて読みたい関連記事

について

掲載店舗数No.1!全国1,500店舗の保険ショップを検索・予約できるサイトです。

初めての方も安心!3つのポイント

何回相談しても無料
保険ショップでの保険相談はすべて無料で、何回でも相談ができます。十分に納得がいくまでご相談ください。
お客さま満足度95%
保険相談ニアエルから保険相談をされたお客様を対象としたアンケートにて95%の方に「満足した」と高評価を頂きました。※2
約7,000件※3口コミ
実際に店舗で相談を受けた人の口コミが約7,000件!生の声を参考にして、信頼できる店舗を予約できます。
  1. ※ 実査委託先:日本マーケティングリサーチ機構(2018年9月)
  2. ※2「保険相談満足度(応対、ヒアリング、説明、提案、時間などの総合的な評価)」計測期間:2018年10月〜2019年3月
  3. ※3 2020年8月21日時点 6951件公開中

保険のことで迷ったら…保険のプロにおまかせ!

全国1,500店舗から
お近くの保険ショップをかんたん検索

検索する

当日・翌日のご予約はお電話で

0120-201-724

通話無料・年中無休 | 受付/9:30~18:30

お近くにある保険相談窓口や
店舗をカンタンに検索できます!

お近くの店舗を探す

0120-201-724

通話無料・年中無休 | 受付/9:30~18:30