子どもの教育費はいくら必要?公立VS私立で徹底比較

2020-02-06

/media/life-money/publicschool-privateschool/
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
子どもの教育費はいくら必要?公立VS私立で徹底比較

子どもが成長するにつれ、負担が大きくなるのが教育費。わが子が小さいうちは、お金があまりかからないため、教育費についてもまだ漠然としているママも多いかもしれませんね。

しかし子どもが成長していき、ママ友から私立のお受験の話を耳にしたり、中学受験をするお友達が周りにあらわれたりすると、子どもの将来を考えて、公立だけでなく私立への進学を視野に入れ始めることもあるでしょう。

そうして進路の選択を考えるようになると、気になるのがお金の問題です。

そこで今回は小学校から大学までの教育費で、公立と私立、具体的にいくらぐらいの差が生まれてくるのか、実際の金額を解説していきます。

保険の疑問・お悩みはありませんか?

1.小学校の教育費はいくら?私立は公立の約4.7倍!

私立小学校の教育費は公立小学校の約4.7倍!

小中高のなかで、公立と私立で差が一番大きいのが、小学校の教育費。文部科学省「子供の学習費調査」(平成28年度)によると、私立小学校と公立小学校では年間約120万円もの違いがあります。

大きな差が生まれる理由は、私立は公立に比べて、授業料や学校納付金等などからなる「学校教育費」が年間80万以上多くかかるからです。

■小学校の学習費(年間平均)(単位:円)

区分 公立 私立
学校教育費 60,043 870,408
学校給食費 44,441 44,807
学校外活動費 217,826 613,022
学習費総額(合計) 322,310 1,528,237

(出典)文部科学省「子供の学習費調査」(平成28年度)より

1-1.私立小学校の学費はなぜ高い?

学校教育費の内訳をみていくと、私立の場合、最も構成比が高いのが「授業料」の約46万円、次に「学校納付金等」の約23万円と続きます。

公立の場合は、授業料がかからないこともあり、最も高い「図書・学用品・実習材料費等」でも約1万9千円となっています。

■小学校の学校教育費(年間平均)

区分 公立 私立
金額(円) 構成比(%) 金額(円) 構成比(%)
授業料 461,194 53.0
修学旅行・遠足・見学費 6,738 11.2 41,797 4.8
学校納付金等 10,135 16.9 226,022 26.0
図書・学用品・実習材料費等 19,049 31.7 30,923 3.6
教科外活動費 2,714 4.5 12,512 1.4
通学関係費 17,574 29.3 89,317 10.3
その他 3,833 6.4 8,643 1.0
学校教育費(合計) 60,043 100 870,408 100

(出典)文部科学省「子供の学習費調査」(平成28年度)より
構成比は小数点以下第2位を四捨五入しているため、合計しても必ずしも100とはなりません。

公立と私立とで学校教育費が大きく異なる理由は、授業料の有無と学校が独自に徴収する学校納付金が大きく関係しているのです。

1-2.習い事や学習塾にかける金額の差も歴然!

「学校教育費」以外にも注目したいのが、「学校外活動費」。主に習い事や学習塾などにかかる教育費を指します。

■小学校の学校外活動費(年間平均) (単位:円)

区分 公立 私立
家庭内学習費 14,831 45,336
家庭教師費等 9,383 30,958
学習塾費 56,864 221,534
その他(補助学習費) 1,935 7,031
体験・地域活動 4,851 25,591
芸術文化活動 34,279 103,590
スポーツ・レクリエーション活動 60,762 87,086
教養・その他 34,921 91,896

(出典)文部科学省「子供の学習費調査」(平成28年度)より

「学校外活動費」は全体的にどの項目も私立小学校が公立よりも高く、家庭内学習費や家庭教師費、学習塾費として使う「補助学習費」については、公立小学校が年間平均約8万円に対して、私立小学校はなんと約30万円となっています

私立小学校の6年生にいたっては、年間で平均50万円以上もの金額を「補助学習費」として使用しています。

さらに「学習塾費」をみてみると、私立小学校は小中高のなかで最も高く、全学年の平均で約22万円(年間)となっています。これは公立の約5万7千円に比べて、約4倍もの金額になります。

2.中学校の教育費はいくら?私立は公立の約2.8倍!

私立中学校の教育費は公立中学校の約2.8倍!

学習費は、公立中学校の約48万円に対して、私立中学校は約133万円。小学校から中学校になり公立の学習費も上がっているため、公立と私立の金額差は、小学校時代よりも縮まったものの、やはり私立は圧倒的に高く、公立の約2.8倍ものお金がかかります。

■中学校の学習費(年間平均)(単位:円)

区分 公立 私立
学校教育費 133,640 997,435
学校給食費 43,730 8,566
学校外活動費 301,184 320,932
学習費総額(合計) 478,554 1,326,933

(出典)文部科学省「子供の学習費調査」(平成28年度)より

2-1.公立の場合、学校より学外でかかるお金が増加傾向に!

特に注目したいのが、小学校時代は約40万円の差があった公立私立の「学校外活動費」が中学校ではほぼ同じであること。

なかでも公立の場合は、「補助学習費」が小学校時代に比べて2.8倍以上増え、年間平均で約24万円となっています。

また「学習塾費」に関しては、公立が私立を上回っているのが特徴的。なんと公立中学校の「学習塾費」の年間平均額は20万円以上にものぼります。

これらの結果から、今後受験に備える公立中学生と、すでに小学校時代に受験を終え、中高一貫の私立中学校などに通う私立中学生との違いを読み取ることができます。

■中学校の学校外活動費(年間平均)(単位:円)

区分 公立 私立
家庭内学習費 14,347 29,804
家庭教師費等 17,868 23,592
学習塾費 202,498 143,694
その他(補助学習費) 4,851 7,022
体験・地域活動 3,167 17,560
芸術文化活動 19,133 43,747
スポーツ・レクリエーション活動 23,075 27,866
教養・その他 16,245 27,647

(出典)文部科学省「子供の学習費調査」(平成28年度)より

2-2.年間約100万かかる私立中学校の教育費

私立の中学校は、授業料や学校給付金などが学校教育費の割合の多くを占めていますが、そのほか、遠くから通う生徒も多いため通学費もかかっています。さらに、修学旅行などの行事にかかるお金が公立に比べ約3倍かかっています。

■中学校の学校教育費(年間平均)

区分 公立 私立
金額(円) 構成比(%) 金額(円) 構成比(%)
授業料 425,251 42.6
修学旅行・遠足・見学費 25,038 18.7 74,169 7.4
学校納付金等 13,994 10.5 261,545 26.2
図書・学用品・実習材料費等 23,839 17.8 37,689 3.8
教科外活動費 31,319 23.4 57,008 5.7
通学関係費 35,914 26.9 135,961 13.6
その他 3,536 2.6 5,812 0.6
学校教育費(合計) 133,640 100 997,435 100

(出典)文部科学省「子供の学習費調査」(平成28年度)より
構成比は小数点以下第2位を四捨五入しているため、合計しても必ずしも100とはなりません。

3.高校の教育費はいくら?私立は公立の約2.3倍!

私立高校は公立高校に比べて教育費は約2.3倍!

年間で約60万円の差が見られる私立高校と公立高校の学習費。

しかし「学校教育費」に関しては、公立と私立の差が小学校で約81万円、中学校で約86万円あったものが、高校になってからは約48万円とかなり縮まっています。

とはいえ、私立高校の方が学習費にお金がかかるのはなぜなのでしょうか?

■高等学校(全日制)の学習費(年間平均)(単位:円)

区分 公立 私立
学校教育費 275,991 755,101
学校給食費
学校外活動費 174,871 285,067
学習費総額(合計) 450,862 1,040,168

(出典)文部科学省「子供の学習費調査」(平成28年度)より

3-1.私立は授業料と学校給付金の負担が大きい

私立高校は、私立小学校・中学校と同様に「授業料」と「学校納付金等」にかかる費用が公立高校に比べて、かなり高額になっています。

そのほか、「修学旅行・遠足・見学費」「通学関係費」なども、公立に比べて2~3万円ほど支出額が上回っているのがわかります。

■高等学校(全日制)の学校教育費(年間平均)

区分 公立 私立
金額(円) 構成比(%) 金額(円) 構成比(%)
授業料 23,368 8.5 271,835 36.0
修学旅行・遠足・見学費 34,892 12.6 54,096 7.2
学校納付金等 49,762 18.0 228,864 30.3
図書・学用品・実習材料費等 40,662 14.7 41,636 5.5
教科外活動費 44,276 16.0 44,764 5.9
通学関係費 79,157 28.7 109,048 14.4
その他 3,874 1.4 4,858 0.6
学校教育費(合計) 275,991 100 755,101 100

(出典)文部科学省「子供の学習費調査」(平成28年度)より
構成比は小数点以下第2位を四捨五入しているため、合計しても必ずしも100とはなりません。

3-2.高校から再度逆転!「補助学習費」は私立高校が上!

私立中学校に比べ、公立中学校の方が高かった「補助学習費」の年間平均額は、高校生になると再び入れかわり、私立高校が約23万円に対して、公立高校は約14万円となります。

■高等学校(全日制)の学校外活動費(年間平均) (単位:円)

区分 公立 私立
家庭内学習費 14,669 23,019
家庭教師費等 10,513 19,232
学習塾費 106,767 171,462
その他(補助学習費) 10,753 16,390
体験・地域活動 4,037 8,483
芸術文化活動 9,836 19,148
スポーツ・レクリエーション活動 7,937 10,626
教養・その他 10,359 16,707

(出典)文部科学省「子供の学習費調査」(平成28年度)より

補助学習費のなかで「学習塾費」は、公立・私立とも最もお金をかける部分であり、公立高校の場合でも年間10万円以上かかっています。

「学習塾費」を学年別にみると、学年が上がるほど費用がかかる傾向にあり、私立高校の3年次が年間平均約22万円と最も費用がかかっています。これに対して、公立高校3年次は、年間平均約13万円と、私立と公立で10万円ほどの差が見られます。

4.大学の教育費はいくら?進路によって違う大学の学費

進路によって違う大学の学費

国公立なのか私立なのか、私立でも理系なのか文系なのかで、かかる金額にかなりの違いが生まれる大学の学費。

パターン別にざっくりと入学から在学中にかかる学費の総額を算出してみました。

国公立大学であれば、4年間通っても約250万円でおさまりますが、私立の理系に進んだ場合は、その2倍以上となる約540万円がかかることになります。

さらに私立大医歯系に進学した場合は、入学金で100万円以上、6年間で総額2,300万円以上の学費がかかる計算です。

4-1.国立大学に進学した場合

まずは、国立大学の学費をみていきましょう。国立大学は、文系・理系による学費の差はありません。

■国立大学の学費(4年間)(単位:円)

入学金 282,000
授業料 535,800×4年
4年間合計 2,425,200

※このほか施設費、実習費、諸会費などを徴収される場合あり
※単純に4倍としているが、大学・学部によっては学年が上がるにつれて授業料・施設設備費などが変動する可能性あり

4-2.公立大学に進学した場合

次に、公立大学の学費をみていきましょう。ほとんどの公立大学は、入学者の住所によって入学金額が変わります。国立大学同様、文系・理系による学費の差はありません。

■公立大学の学費(4年間)(単位:円)

入学金 393,618
授業料 538,633×4年
4年間合計 2,548,150

※入学金は地域外入学者の平均額を記載(地域内入学者の入学金の平均額は230,186円)
※このほか施設費、実習費、諸会費などを徴収される場合あり
※単純に4倍としているが、大学・学部によっては学年が上がるにつれて授業料・施設設備費などが変動する可能性あり

4-3.私立大学文系に進学した場合

続いて、私立大学文系の学費をみていきましょう。

■私立大学文系の学費(4年間)(単位:円)

入学金 231,811
授業料 781,003×4年
施設設備費 152,496×4年
4年間合計 3,965,807

※単純に4倍としているが、大学・学部によっては学年が上がるにつれて授業料・施設設備費などが変動する可能性あり

4-4.私立大学理系に進学した場合

■私立大学理系の学費(4年間)(単位:円)

続いて、私立大学理系の学費です。文系に比べ、4年間で140万円ほど高くなります。

入学金 254,941
授業料 1,101,854×4年
施設設備費 184,102円×4年
4年間合計 5,398,765

※単純に4倍としているが、大学・学部によっては学年が上がるにつれて授業料・施設設備費などが変動する可能性あり

4-5.私立大学医歯系に進学した場合

最後は、私立大学医歯系。学費の高さが際立ちます。

■私立大学医歯系の学費(6年間)

入学金 1,050,306
授業料 2,847,940×6年
施設設備費 872,711×6年
6年間合計 23,374,212

※医学部・歯学部系統は6年制と4年制があるが、ここでは6年間で算出

5.まとめ:進路の決定には家族の話し合いが大切!

私立への進学は、授業料など学校内でかかる費用が高額なうえ、習い事や塾代への支出もかなり大きいことがわかりました。そのため、家計の状況をきちんと把握したうえで、本当に私立に進む必要があるのか、家族でしっかり話し合いをすることがとても重要です。

さらに入学はできたものの、その後の授業料が払えないということがないように、入学前から将来に備えて、貯蓄をしっかり行っておきましょう。

教育資金の備え方については、以下の記事を参考にしてみてください。
教育費の貯め方!お金のプロが教える3つポイント|ママがFPに聞く!シリーズ6
学資保険は必要か?その判断基準と選ぶときの6つのポイント

倉沢れい(編集者・ライター)執筆:倉沢 れい (編集者・ライター)
大学卒業後、IT企業や翻訳会社を経て、出産を機にライターとしての活動を開始。子育てや女性の生き方の分野を中心に、ママがよりよく子育てを楽しむための情報をわかりやすくお伝えしています。


※記事内容の利用・実施に関しては、ご自身の責任のもとご判断ください。

※掲載している情報は、記事公開時点での商品・法令・税制等に基づいて作成したものであり、将来、商品内容や法令、税制等が変更される可能性があります。また個別の保険商品の内容については各商品の約款等をご確認ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

保険の加入・見直しをお手伝いします!

あわせて読みたい関連記事

について

掲載店舗数No.1!全国1,500店舗の保険ショップを検索・予約できるサイトです。

初めての方も安心!3つのポイント

何回相談しても無料
保険ショップでの保険相談はすべて無料で、何回でも相談ができます。十分に納得がいくまでご相談ください。
お客さま満足度95%
保険相談ニアエルから保険相談をされたお客様を対象としたアンケートにて95%の方に「満足した」と高評価を頂きました。※2
約7,000件※3口コミ
実際に店舗で相談を受けた人の口コミが約7,000件!生の声を参考にして、信頼できる店舗を予約できます。
  1. ※ 実査委託先:日本マーケティングリサーチ機構(2018年9月)
  2. ※2「保険相談満足度(応対、ヒアリング、説明、提案、時間などの総合的な評価)」計測期間:2018年10月〜2019年3月
  3. ※3 2020年8月21日時点 6951件公開中

保険のことで迷ったら…保険のプロにおまかせ!

全国1,500店舗から
お近くの保険ショップをかんたん検索

検索する

当日・翌日のご予約はお電話で

0120-201-724

通話無料・年中無休 | 受付/9:30~18:30

お近くにある保険相談窓口や
店舗をカンタンに検索できます!

お近くの店舗を探す

0120-201-724

通話無料・年中無休 | 受付/9:30~18:30