教育無償化で子育て世帯の消費は増えるのか?

  • 公開日:2020年03月30日
    最終更新日:2021年11月24日
  • レポート

2021-11-24

https://hoken.niaeru.com/media/report/nliri-report-2001-5/

■要旨

  • 消費税率10%への引き上げとともに幼児教育無償化が全面的に開始された。利用料の負担軽減効果がより大きな層として共働き子育て世帯に注目すると、2019年10月の増税直後は自動車関係費が前年同月と比べて大幅に増えている。負担軽減効果というよりも、税制改正によって、増税後に購入した方が安価になることもある影響だろう。
  • 食費も外食や調理食品を中心に5%程度増えている。無償化による負担軽減効果もあるのかもしれないが、近年、共働き子育て世帯では家事の時短化需要を背景にこれらの、支出額が増えており、その流れの一環とも言えるだろう。
  • 一方で無償化の影響を受ける教育費や住居、被覆及び履物、家具・家事用品などは1~2割程度減少している。反動減の影響もあり、今後も丁寧に見ていく必要はあるが、教育無償化が他の消費を誘発するような状況にはなりにくいと考える。
  • 調査によれば、幼児教育無償化で支払う必要のなくなった利用料の使途の上位は「子供のための貯金・資産運用」や「子どもの習い事」であり、無償化で浮いた費用は、あくまで「子どものためのもの」にとどまっている。また、今の子育て世帯は可処分所得が伸びない中で、将来の経済不安もあり、消費が増える状況にはなりにくい。
  • また、そもそも幼児教育無償化の実施に向けては、待機児童となってしまい保育所等を利用できない世帯もある中での不公平感が指摘できる。さらに、保育士不足によって必ずしも保育の質が良いとは言えない施設も無償化の対象となっている。限られた財源を鑑みれば、無償化より待機児童対策が優先されるべきだったのではないか。
  • 4月から高等教育無償化が開始されるが、これは低所得世帯が中心となるため、幼児教育無償化以上に消費の誘発剤にはなりにくい。しかし、高等教育の機会均等によって、将来の消費、ひいては経済成長への期待につながる。

おすすめの保険お役立ち記事

あわせて読みたい関連記事

保険相談ニアエルは全国1500店舗の保険ショップから
自分に合った保険ショップを検索・予約できるサイトです。

初めての方も安心!
3つのポイント

何回相談しても
無料
保険ショップでの保険相談はすべて何回でも無料です。
お客さま満足度
95
保険相談ニアエルご利用者アンケートにて95%の方に高評価を頂きました。※1
口コミ数
約7,000件※2
生の声を参考に、信頼できる店舗を予約できます。

保険ショップを
今すぐ予約

Webで検索・予約

全国1,500店舗から
お近くの保険ショップをかんたん検索

検索

電話で予約

当日・翌日のご予約はお電話で

0120-963-733

通話無料・年中無休 | 受付/9:30~18:30

  1. ※1「保険相談満足度(応対、ヒアリング、説明、提案、時間などの総合的な評価)」計測期間:2018年10月〜2019年3月
  2. ※2 2020年9月現在

保険相談ニアエルは全国1500店舗の保険ショップから
自分に合った保険ショップを検索・予約できるサイトです。

初めての方も安心!
3つのポイント

何回相談しても
無料
保険ショップでの保険相談はすべて何回でも無料です。
お客さま満足度
95
保険相談ニアエルご利用者アンケートにて95%の方に高評価を頂きました。※1
業界口コミ数
第一位※2
口コミ数約7,000件!生の声を参考に、信頼できる店舗を予約できます。

保険ショップを
今すぐ予約

  1. ※1「保険相談満足度(応対、ヒアリング、説明、提案、時間などの総合的な評価)」計測期間:2018年10月〜2019年3月
  2. ※2 2020年9月現在

お近くにある保険相談窓口や
店舗をカンタンに検索できます!

お近くの店舗を探す

0120-963-733

通話無料・年中無休 | 受付/9:30~18:30