外国籍でも保険相談できますか?

外国籍の人でも、保険相談は可能です。気になる保険があれば、保険ショップで相談をしましょう。ただし、保険会社によっては、保険に加入できる条件が異なります。また、2014年7月以降、米国法「FATCA(外国口座税務コンプライアンス法)」により、所定の米国納税義務者(米国市民、米国居住者。米国人所有の外国事業体等)の方は生命保険会社に申告する必要があります。

外国籍の人が保険に加入するための3つ条件

外国籍の人が保険に加入するためには、日本に在住しており、きちんとしたコミュニケーションが可能で、なおかつ保険料の支払いや、保険金の受け取りがしっかりとできるかすべてを証明する必要があります。具体的には、「在留カードの有無」「日本語能力」「日本の口座を持っている」といった3つの条件をすべて満たす必要があります。

 

在留カードや特別永住証明書を持っている

外国籍の人は、保険に加入をするために在留カードか特別永住証明書のいずれかを所持、または外国人登録が必要となります。これは、保険に加入するために、まず日本に住居し永住の意思があることが前提となるためです。

 

日本語の読み書きができて契約関係書類を理解できる

保険の契約は、基本的に日本語で行うことになります。そのため、保険の契約内容を十分に理解し、納得ができる日本語の語学力も必要です。 契約内容を十分に理解するとは、日本語で記載された約款の内容を理解できるということになります。

 

日本の銀行口座を持っている

保険料の引き落としや、保険金の支払いのためには日本の銀行口座が必要になります。そのため、外国籍の方の保険加入の条件の一つとして、日本の銀行口座の所持が含まれます。

 

保険会社によっては加入の際に必要な書類がある

上記の条件以外に保険加入の際には、求められる書類があります。例えば、本人確認をするための運転免許所やパスポートなどです。さらに日本で居住していることを証明する住民票の写しも必要になることがあります。保険金の受取人が配偶者であった場合は、婚姻証明書の提出が必要になることもあるので、事前に確認しておきましょう。また、所定の米国納税義務者の方は、「米国納税者番号(TIN)を含む米国財務省様式W-9」、「米国内国歳入庁への報告に関する同意書」等の所定の書類の提出も必要です。

 

気軽に保険ショップで相談しよう

このように外国籍の人でも、一定の条件を満たせば、日本の保険に加入することは可能です。しかし、保険の手続きは複雑であることが多いため、保険加入に関して不安なことがあれば、保険ショップで相談してみるようにしましょう。保険ショップでは、担当したスタッフが、一人ひとりに合わせて保険を紹介してくれるだけでなく、加入手続きなどもサポートしてくれます。
保険見直しなら保険ショップへ保険見直しなら保険ショップへ
【関連記事】  取扱保険会社を教えてください。

保険相談ニアエルは全国1500店舗の保険ショップから
自分に合った保険ショップを検索・予約できるサイトです。

初めての方も安心!
3つのポイント

何回相談しても
無料
保険ショップでの保険相談はすべて何回でも無料です。
お客さま満足度
95
保険相談ニアエルご利用者アンケートにて95%の方に高評価を頂きました。※1
口コミ数
約7,000件※2
生の声を参考に、信頼できる店舗を予約できます。

保険ショップを
今すぐ予約

Webで検索・予約

全国1,500店舗から
お近くの保険ショップをかんたん検索

検索

電話で予約

当日・翌日のご予約はお電話で

0120-201-724

通話無料・年中無休 | 受付/9:30~18:30

  1. ※1「保険相談満足度(応対、ヒアリング、説明、提案、時間などの総合的な評価)」計測期間:2018年10月〜2019年3月
  2. ※2 2020年9月現在

保険相談ニアエルは全国1500店舗の保険ショップから
自分に合った保険ショップを検索・予約できるサイトです。

初めての方も安心!
3つのポイント

何回相談しても
無料
保険ショップでの保険相談はすべて何回でも無料です。
お客さま満足度
95
保険相談ニアエルご利用者アンケートにて95%の方に高評価を頂きました。※1
業界口コミ数
第一位※2
口コミ数約7,000件!生の声を参考に、信頼できる店舗を予約できます。

保険ショップを
今すぐ予約

Webで検索・予約

電話で予約

当日・翌日のご予約はお電話で

ご希望に沿った保険ショップをお探しします 0120-201-780

通話無料・年中無休 | 受付/9:30~18:30

  1. ※1「保険相談満足度(応対、ヒアリング、説明、提案、時間などの総合的な評価)」計測期間:2018年10月〜2019年3月
  2. ※2 2020年9月現在