がん保険を見直すときの3つのポイントとは?

がんになったとき、手厚い保障を受けられるがん保険ですが、旧タイプと新タイプがあることをご存じでしょうか。この記事では、がん保険の種類やがん保険を見直すときの3つのポイントを紹介します。がん保険を正しく理解して、自分に合うがん保険を選んでください。

1. がん保険には旧タイプと新タイプがある

がん保険には旧タイプと新タイプがあり、主な違いは保障内容や支払い条件です。旧タイプのがん保険は、入院をともなうがん治療を保障しており、通院による治療が保障対象外になっていることがあります。新タイプのがん保険は、通院のみの治療も保障しているものがほとんどです。現在、旧タイプのがん保険に加入している人は、見直しをおすすめします。がんは通院で治療できる病気になりつつありますが、昔は通院による治療が行われていなかったため、入院をともなわない通院治療は保障の対象外でした。そのため、加入しているがん保険が古いタイプの場合、がんと診断されても保障を受けられないことがあります。

2. がん保険には掛け捨て型と貯蓄型がある

がん保険に限らず、保険には掛け捨て型と貯蓄型があります。掛け捨て型は満期になっても保険料が返ってくることはありませんが、貯蓄型は保険を解約したときに解約返戻金を受け取ることができます。現在販売されているがん保険の多くは掛け捨て型です。掛け捨て型には、保険料が安いというメリットがあります。

3. がん保険には掛け捨て型と貯蓄型がある

がん保険には、保障が一生涯続く終身型と、一定期間の保障に限られる定期型があります。がんは、年齢が上がるほど罹患率が上がるため、終身型であれば高齢になってもがんに備えることができます。また、保険料がずっと変わらないというメリットもあります。定期型は、保障が終了したあと更新ができますが、更新のたびに保険料が上がるうえ、一定の年齢で保障が終了してしまいます。長期間にわたる保障を確保したい場合は、終身タイプのがん保険を選ぶことをおすすめします。

まとめ:がん保険の保障内容を確認しておくことが大事!

がん保険の加入目的は、がんになったときの経済的な負担の軽減です。治療法が進化すれば、がん保険に求められる保障内容も変わっていきます。いざというときに必要な保障を受けられるように、加入しているがん保険のタイプや保障内容は必ず確認するようにしょう。

【関連記事】  夫婦型・家族型の医療保険やがん保険はおトク?

について

掲載店舗数No.1!全国1400店舗の保険ショップを検索・予約できるサイトです。

初めての方も安心!3つのポイント

何回相談しても無料
保険ショップでの保険相談はすべて無料で、何回でも相談ができます。十分に納得がいくまでご相談ください。
お客さま満足度95%
保険相談ニアエルから保険相談をされたお客様を対象としたアンケートにて95%の方に「満足した」と高評価を頂きました。※2
約2,000件の口コミ
実際に店舗で相談を受けた人の口コミが約2,000件!生の声を参考にして、信頼できる店舗を予約できます。
  1. ※ 実査委託先:日本マーケティングリサーチ機構(2018年9月)
  2. ※2「保険相談満足度(応対、ヒアリング、説明、提案、時間などの総合的な評価)」計測期間:2018年10月〜2019年3月

保険のことで迷ったら…保険のプロにおまかせ!

全国1,500店舗から
お近くの保険ショップをかんたん検索

検索する

当日・翌日のご予約はお電話で

0120-201-724

通話無料・年中無休 | 受付/9:30~18:30