自動車保険の選び方

自動車保険とは

自動車保険には、必ず加入しなければならない自賠責保険(強制保険)と自分の意思で加入する任意保険があります。

自賠責保険

自賠責保険とは、法律ですべての車に加入が義務付けられている保険で、正式名称を自動車損害賠償責任保険といいます。加入義務があることから、強制保険とも呼ばれています。自賠責保険は、自動車事故の被害者を救済するための保険です。補償は相手の身体への損害のみに限られ、保険金額には限度があります。限度額を上回る損害が発生した場合は、上回った部分の費用は全額自己負担となります。

■自賠責保険の補償
死亡事故 死亡 最高3,000万円
死亡に至るまでの傷害 最高120万円
傷害事故 傷害 最高120万円
後遺障害 後遺障害程度により最高75万円~最高3,000万円
神経系統・精神または胸腹部臓器に著しい障害が残った場合 常時介護を必要とするとき最高4,000万円
随時介護を必要とするとき最高3,000万円

※被害者に重大な過失がある場合、傷害と死亡、傷害と後遺障害の因果関係の有無が困難な場合には保険金が減額されることがあります自賠責保険は、新車購入時、その後は車検時に代金と一緒に保険料を支払います。自賠責保険に加入していない車は車検を通すことができません。一般的には、ディーラーや整備業者などが手続きをしてくれます。保険料は、地域、車種、保険期間によって決められており、どこの保険会社でも同じです。

任意保険

任意保険とは、自賠責保険ではまかないきれない部分を補償する保険です。一般的に、自動車保険というと任意保険を指します。自賠責保険は相手の身体への損害に対する補償のみですが、任意保険は相手の車や自分への損害も補償されます。

■自賠責保険と任意保険の補償範囲
自賠責保険 任意保険
対人補償

※補償額に限度あり

対物補償 ×
自分や同乗者への補償 ×
自分の車への補償 ×

任意保険は、損害保険会社の店舗、ディーラーなどの保険代理店、電話、インターネットなどから加入することができます。保険会社によって補償内容や保険料が異なります。任意保険に加入しなくても車の運転をすることはできますが、いつ事故の加害者、被害者になるとも限りません。万が一、死亡事故を起こした場合には、賠償金額が億単位になることもあるため、自動車に乗る人は、自動車保険への加入が必須です。

自動車保険(任意保険)の補償内容

自動車保険がカバーする補償は、大きく4つのカテゴリーに分けられます。このうち、優先的に補償すべきカテゴリーと自分に必要な補償はどれであるのかを考えていきましょう。

■任意保険の補償範囲
対人補償 対人賠償保険 人身傷害保険
搭乗者傷害保険
事故の相手を死傷させてしまった場合の保険。自賠責保険の補償を超えた部分が支払われる。自賠責保険では金額の上限があり、心もとないので、保険金額は無制限がおすすめ 契約した人が死亡したりケガをした際に保険金が出る人身補償保険、契約した車に乗っている人まで補償される搭乗者傷害保険などがある
対物補償 対物賠償保険 車両保険
他人の車などを壊してしまった時の補償。建物なども対象となる。事故の相手への補償なので対人賠償と一緒に無制限の契約をしておくと安心 事故で自分の車が損傷した場合の補償。自分でぶつけた場合も補償される一般タイプと相手がある事故限定のエコノミータイプがある

おすすめの補償内容の組み合わせは?

保険料を抑えつつ、過不足なく補償を受けられる無駄のない補償内容の選び方をお知らせします。

対人・対物補償は無制限が基本

4つのカテゴリーのうち、最も優先的に補償されるべきは、「事故の相手への補償」です。基本的には、保険金額は高額の賠償額を請求されても問題ないように、対人・対物補償は「無制限」を選びましょう。対人補償は相手の年齢や立場などにより変わりますが、億単位になることもあるため、削れない項目です。事故により高額なものを壊してしまう可能性もあるので、対物補償も同様です。

人身傷害保険は3,000~5,000万円をめやすに

人身傷害保険は、自分や同乗者が死傷または後遺障害を負ったときに、実際の損害額が支払われます。3,000~5,000万円の金額を確保しておくと安心です。相手から賠償金が支払われる場合は、その分が差し引かれます。また、搭乗者傷害保険は、あらかじめ決められた金額が補償される保険で、人身傷害保険の上乗せ補償です。事故後すぐに保険金が支払われるというメリットがあるので、現金がなく治療費の支払いに困るといったような場合は、加入しておくと安心です

車両保険は免責10万円に

車両保険を付けるか付けないかは任意です。もし付けた場合は保険料がアップします。加入する際は免責金額の設定が重要となります。免責金額とは車両保険を使う際に、契約者が負担する修理費用の一部金額のこと。自己負担分が支払えるのであれば、免責金額を10万円と高めに設定することで、月々の保険料を安くすることができます。反対に、「自分の財布からお金を出したくない」ために免責金額を0円に設定すると、保険料が高くなってしまいます!事故1回目・2回目以降の設定ともに10万円に設定するとよいでしょう。

かけつけサービスとは

近年、注目されているのが、事故現場への「かけつけサービス」です。無料で自動付帯される項目なので、導入している保険会社を選ぶようにしましょう。事故を起こした直後は気が動転してしまうもの。そんなときにプロが現場にかけつけ、あらゆるサポートをしてくれるのは、安心感が違います。必ずチェックしましょう。

おすすめの保険お役立ち記事

働けなくなったらどうしよう?お金の不安には就業不能保険で働けなくなったらどうしよう?お金の不安には就業不能保険で

保険相談ニアエルは全国1500店舗の保険ショップから
自分に合った保険ショップを検索・予約できるサイトです。

初めての方も安心!
3つのポイント

何回相談しても
無料
保険ショップでの保険相談はすべて何回でも無料です。
お客さま満足度
95
保険相談ニアエルご利用者アンケートにて95%の方に高評価を頂きました。※1
口コミ数
約7,000件※2
生の声を参考に、信頼できる店舗を予約できます。

保険ショップを
今すぐ予約

Webで検索・予約

全国1,500店舗から
お近くの保険ショップをかんたん検索

検索

電話で予約

当日・翌日のご予約はお電話で

0120-201-724

通話無料・年中無休 | 受付/9:30~18:30

  1. ※1「保険相談満足度(応対、ヒアリング、説明、提案、時間などの総合的な評価)」計測期間:2018年10月〜2019年3月
  2. ※2 2020年9月現在

保険相談ニアエルは全国1500店舗の保険ショップから
自分に合った保険ショップを検索・予約できるサイトです。

初めての方も安心!
3つのポイント

何回相談しても
無料
保険ショップでの保険相談はすべて何回でも無料です。
お客さま満足度
95
保険相談ニアエルご利用者アンケートにて95%の方に高評価を頂きました。※1
業界口コミ数
第一位※2
口コミ数約7,000件!生の声を参考に、信頼できる店舗を予約できます。

保険ショップを
今すぐ予約

Webで検索・予約

電話で予約

当日・翌日のご予約はお電話で

ご希望に沿った保険ショップをお探しします 0120-201-780

通話無料・年中無休 | 受付/9:30~18:30

  1. ※1「保険相談満足度(応対、ヒアリング、説明、提案、時間などの総合的な評価)」計測期間:2018年10月〜2019年3月
  2. ※2 2020年9月現在