【年代別】必要な保障とは?

年代・家族構成によって必要な保障が異なる

生命保険や医療保険など、その人に必要な保障は、年代や家族構成によって変わってきます。 年代・家族構成別におすすめの必要保障をご紹介します。

20~30代に必要な保障

20~30代は、独身の場合と既婚の場合で、必要保障が大きくことなることが一般的です。

独身の場合

独身の場合は、病気やけがで入院した場合の保障を優先するとよいでしょう。入院した場合でも、高額療養費制度によって1か月の医療費の自己負担額には限度がありますが、個室を希望する場合の差額ベッド代や入院にかかる日用品、交通費などの出費は自己負担となります。1日5,000円、1万円といった入院給付金のある医療保険が選ばれる傾向にありますが、入院すると一時金が受け取れるタイプの医療保険も増えています。

既婚(子どもがいない)の場合

妻が専業主婦の場合など、どちらか一方のみが働いている場合は、万一の場合のに備えて死亡保険が必要となります。

既婚(子どもがいる)の場合

子どもがいる場合、万一の保障、働けなくなった時の保障、子どもの教育費の3つを柱に、保障の検討をするとよいでしょう。万が一のときの備えとして、死亡保険が必要です。また、長期入院による収入減に備え、所得補償保険に加入しておくと安心です。子どもの教育費の備えは、確実に教育資金を貯めることができる学資保険が人気です。

40~50代に必要な保障

40代~50代は、働き盛り。死亡保障・医療保障をともに重視しましょう。

既婚(子供がいない)の場合

働き盛りの年齢です。生活習慣病に備えて医療保険やがん保険を確保しておくとよいでしょう。また、老後資金の準備を始めるでもあります。個人年金保険など、保険で老後資金を準備することもできます。

既婚(子供がいる)の場合

子どもの教育費が重くのしかかる時期です。マイホームを購入し、住宅ローンを組んだ場合には、保険の見直しをしましょう。住宅ローンを組むと、原則として団体信用生命保険に加入するため、死亡保障を減らせる可能性があります。

60代以降に必要な保障

高齢になると、病気やケガのリスクが高まります。入院に備えて、 医療保険やがん保険を重視しましょう。子どもが独立している時期なので、高額な死亡保障は不要です。

おすすめの保険お役立ち記事

働けなくなったらどうしよう?お金の不安には就業不能保険で働けなくなったらどうしよう?お金の不安には就業不能保険で

保険相談ニアエルは全国1500店舗の保険ショップから
自分に合った保険ショップを検索・予約できるサイトです。

初めての方も安心!
3つのポイント

何回相談しても
無料
保険ショップでの保険相談はすべて何回でも無料です。
お客さま満足度
95
保険相談ニアエルご利用者アンケートにて95%の方に高評価を頂きました。※1
口コミ数
約7,000件※2
生の声を参考に、信頼できる店舗を予約できます。

保険ショップを
今すぐ予約

Webで検索・予約

全国1,500店舗から
お近くの保険ショップをかんたん検索

検索

電話で予約

当日・翌日のご予約はお電話で

0120-201-724

通話無料・年中無休 | 受付/9:30~18:30

  1. ※1「保険相談満足度(応対、ヒアリング、説明、提案、時間などの総合的な評価)」計測期間:2018年10月〜2019年3月
  2. ※2 2020年9月現在

保険相談ニアエルは全国1500店舗の保険ショップから
自分に合った保険ショップを検索・予約できるサイトです。

初めての方も安心!
3つのポイント

何回相談しても
無料
保険ショップでの保険相談はすべて何回でも無料です。
お客さま満足度
95
保険相談ニアエルご利用者アンケートにて95%の方に高評価を頂きました。※1
業界口コミ数
第一位※2
口コミ数約7,000件!生の声を参考に、信頼できる店舗を予約できます。

保険ショップを
今すぐ予約

Webで検索・予約

電話で予約

当日・翌日のご予約はお電話で

ご希望に沿った保険ショップをお探しします 0120-201-780

通話無料・年中無休 | 受付/9:30~18:30

  1. ※1「保険相談満足度(応対、ヒアリング、説明、提案、時間などの総合的な評価)」計測期間:2018年10月〜2019年3月
  2. ※2 2020年9月現在