保険deあんしん館 吉祥寺サンロード店

吉祥寺・三鷹エリアの保険の窓口相談・保険ショップ相談

お気軽にお問い合わせください

0120-201-724

通話無料・年中無休 | 受付/9:30~18:30

  • 【当日予約OK】取扱保険40社以上!駅から徒歩4分。親身な対応を評価頂いております。

    【当日予約OK】取扱保険40社以上!駅から徒歩4分。親身な対応を評価頂いております。

  • 保険のプロがお悩みを解決します

    保険のプロがお悩みを解決します

  • 「生命保険」「損害保険」を取り扱ってます

    「生命保険」「損害保険」を取り扱ってます

  • 何度相談されても無料! 土・日・祝日も19:00までご相談OK

    何度相談されても無料! 土・日・祝日も19:00までご相談OK

  • 【駅チカ 徒歩4分】吉祥寺サンロード商店街内にあります

    【駅チカ 徒歩4分】吉祥寺サンロード商店街内にあります

  • おむつ替え・授乳室はどなたでもお使いいただけます

    おむつ替え・授乳室はどなたでもお使いいただけます

  • お子様連れでもごゆっくりご相談いただけます

    お子様連れでもごゆっくりご相談いただけます

  • 最短30秒で予約ができます

    最短30秒で予約ができます

  • オトクなキャンペーン開催中です!

    オトクなキャンペーン開催中です!

  • 店長からのご挨拶

    店長からのご挨拶

  • 吉祥寺サンロード店 スタッフ

    吉祥寺サンロード店 スタッフ

  • 吉祥寺サンロード店 スタッフ

    吉祥寺サンロード店 スタッフ

  • 【当日予約OK】取扱保険40社以上!駅から徒歩4分。親身な対応を評価頂いております。
  • 保険のプロがお悩みを解決します
  • 「生命保険」「損害保険」を取り扱ってます
  • 何度相談されても無料! 土・日・祝日も19:00までご相談OK
  • 【駅チカ 徒歩4分】吉祥寺サンロード商店街内にあります
  • おむつ替え・授乳室はどなたでもお使いいただけます
  • お子様連れでもごゆっくりご相談いただけます
  • 最短30秒で予約ができます
  • オトクなキャンペーン開催中です!
  • 店長からのご挨拶
  • 吉祥寺サンロード店 スタッフ
  • 吉祥寺サンロード店 スタッフ

【当日予約OK】取扱保険40社以上!駅から徒歩4分。親身な対応を評価頂いております。

北口を出て五日市街道を結ぶ大きなアーケード「吉祥寺サンロード商店街」は、吉祥寺駅北口を代表するメインストリートのひとつです。
「保険deあんしん館」は駅から徒歩4分、吉祥寺サンロード商店街内にございます。
保険の素朴な疑問やちょっとしたご質問に、笑顔あふれるライフコンシェルジュがお答え致します。

お客さまがご安心してご相談いただけるよう、コロナ対策実施中です。
【1】スタッフのマスク着用
【2】消毒液の設置
【3】アクリルパーテーションの設置

店舗概要

所在地

東京都 武蔵野市 吉祥寺本町1-11-27 サンロード菅井ビル1階

アクセス

JR・京王線「吉祥寺駅」から徒歩4分(吉祥寺サンロード商店街内)

営業時間

10:00 ~ 19:00 | 定休日:毎週木曜日・第2水曜日 ※ 新型コロナウイルスの影響で店舗営業日・時間等に変更がある場合がございます。

設備・特徴

  • 取扱保険会社30社以上
  • キッズスペース
  • 授乳スペース
  • 女性スタッフ

当日・翌日のご予約はお電話から

お気軽にお問い合わせください

0120-201-724

通話無料・年中無休 | 受付/9:30~18:30

30秒で完了!ネット予約はこちらから

  • :電話で予約受付中
  • :受付中
  • :受付不可

口コミ・評判

  • 総合評価
    4.8
    (404件)
  • 相談の満足度
    4.9

  • 接客態度
    4.9

  • 店舗の雰囲気
    4.8

  • アクセス
    4.7

女性50代

5.0

店舗返信あり

ご利用時期:2023年1月

  • 家族構成

    夫婦/子供2人

  • 相談内容

    医療保険・入院保険 がん保険

  • 相談のきっかけ

    保険の更新

とても詳しく調べてくださり、親身になってご提案くださいました。商品説明もわかり… (続きを読む)

女性40代

5.0

店舗返信あり

ご利用時期:2023年1月

  • 家族構成

    独身

  • 相談内容

    生命保険・死亡保険

  • 相談のきっかけ

    保険の更新

他店の保険相談のセカンドオピニオンで伺いましたが、最初にお伺いした時から丁寧に… (続きを読む)

店舗からのお知らせ

Wチャンス!保険証券おまとめキャンペーンを実施します

掲載終了まであと53日

Wチャンス!保険証券おまとめキャンペーンを実施します

保険deあんしん館では、2023年2月1日(水)より「Wチャンス!保険証券おまとめキャンペーン」を下記のとおり実施いたします。

ご加入中の生命保険と損害保険の保険証券をご持参のうえ、【保険なんでも無料相談】にて契約内容をご確認されたお客様に「選べるぐるめカード1,500円」をプレゼントいたします。
保険証券はしっかりまとめて保管しておくことがオススメです。弊社にて、保険証券の整理をお手伝いさせていただきます。
本キャンペーンは、他社様でご加入中の保険証券も対象となります!

■キャンペーン期間
2023年2月1日(水)~3月31日(金)

■キャンペーン内容
期間中に、現在ご加入中の生命保険と損害保険の保険証券(他社様でご加入中の保険証券も対象)をご持参のうえ、店舗にて【保険なんでも無料相談】で契約内容をご確認されたお客様に「選べるぐるめカード1,500円」をプレゼントいたします。

■注意事項
・生命保険と損害保険の保険証券、どちらもご持参いただいた方が対象です。
・生命保険もしくは損害保険の保険証券、どちらかでのご持参の方は「1,100円分」をプレゼントいたします。
・プレゼントはご相談会を実施後にお渡しいたします。
・オンラインでのご相談のお客様はキャンペーンの対象外となります。
・他キャンペーンとの併用はできませんので御了承​ください。

いまや夢物語?公的年金を受け取りながら悠々自適な老後の生活 ~後編~

いまや夢物語?公的年金を受け取りながら悠々自適な老後の生活 ~後編~

■悠々自適な生活にはいくら必要?

皆さんが想像する“悠々自適な生活”には、毎月いくらの生活費が必要でしょうか?勿論、その金額には個人差があると思いますが、公益財団法人生命保険文化センターの調べによると平均36.1万円と言われています。

参考までに、高齢夫婦無職世帯の生活費は平均で27万円、単身者の場合でも15万円となっています。

-------------------------------------------
高齢夫婦無職世帯の家計支出(2019年)
-------------------------------------------
食費………………66,458円
水道光熱費………19,983円
交通・通信費……28,328円
住居費……………13,625円
交際費……………25,749円
税金や保険料等…30,982円
その他……………54,822円
⇒ 合計支出 270,929円

-------------------------------------------
高齢単身無職世帯の家計支出(2019年)
-------------------------------------------
食費………………35,883円
水道光熱費………13,055円
交通・通信費……13,117円
住居費……………12,916円
交際費……………15,528円
税金や保険料等…12,061円
その他……………49,510円
⇒ 合計支出 151,800円

※高齢夫婦無職世帯とは、夫65歳以上・妻60 歳以上の無職世帯。高齢単身無職世帯とは、60 歳以上の単身無職世帯。
※参考:家計調査年報(家計収支編)2019年(令和元年)/総務省

この内訳を見て注目したいのが「住居費」です。

いずれも13,000円前後ということは、借家が故に発生する家賃ではなく住居に関する諸経費?あるいはもしかしたらローンの返済?ということが想定されますが、では、もし老後を迎えるまでにマイホームを確保できていなかった場合は…?介護施設への入居を余儀なくされた場合は…?など、さらに支出が増加することを想像すると、悠々自適な生活など夢物語か?と思わされてしまいます。


■いつから、いくらの年金額を受け取る予定?

ところで、皆さんは何歳まで働いて、何歳からいくらの年金を受け取って、何歳まで健康で老後の生活を楽しむ予定ですか?
ちなみに、今現在の年金受給平均額は、厚生年金受給者の場合は約14.4万円、基礎年金だけを受給している方の場合は約5.6万円です。

出典:令和2年度厚生年金保険・国民年金事業の概況
表8 厚生年金保険(第1号) 受給権者平均年金月額の推移
表20 国民年金 受給者の平均年金月額の推移
https://www.mhlw.go.jp/content/000925808.pdf

先行きへの不安からか、頼れる“マイ・ファイナンシャルプランナー”を確保して、パーソナルなデータとご自身が描くライフプランを伝えて「ライフプランシミュレーション」を行う方が増えていると聞きます。
想定される年金受給額とライフスタイルを想定した生活費から生涯収支を計算することで、実際にシミュレーションを行ってみた方の多くは「もっと早くやってもらえば良かったのに」「やはりプロの話は参考になる」と感じているようです。

20代、30代の皆さんは、「そもそも、そんな先の話は…」「また、どうせ制度も変わるだろうし…」と思われるかもしれませんが、それでもライフプランシミュレーションはお勧めします。何故なら、確かに若い皆さんが老後を迎える頃の年金制度は変わっているかもしれませんが、おそらく多くの確率で想定されることがあるからです。

ひとつは、やはり年金だけで悠々自適に生活することは難しいこと。そしてもう一つは、年金だけで足りないとすれば貯蓄しておくことが必然であること。この2点は避けて通れないものと思われます。
仮に、例の「2,000万円問題」をそのまま想定し、老後に向けて2,000万円の貯金を行うとします。皆さんは、月々いくらなら貯金し続けられるでしょうか?そして、何年かけて目標額を貯金しますか?
65歳まで、現在25歳なら40年間で積み立てる場合は月々約4万円を必ず貯金し続ける必要があります。現在35歳の場合は30年間で約5万5千円をひと月も欠かすことなく貯え続けることになります。(※利息は考慮せず)

どうですか?こんな単純な計算結果だけでも見える化するだけで、いま立てる計画が将来に大きく影響することが分かります。
実際のライフプランシミュレーションでは、もっと効率的な資産形成の仕方などをアドバイスしてもらえるはず。皆さんも頼れる“マイ・ファイナンシャルプランナー”を見つけてみてはいかがでしょうか?

いまや夢物語?公的年金を受け取りながら悠々自適な老後の生活 ~前編~

いまや夢物語?公的年金を受け取りながら悠々自適な老後の生活 ~前編~

皆さんが考える“悠々自適な老後”とは、どんな生活ですか?

・家族や友人と年に1回は旅行に行く
・時間がたっぷりあるから趣味を充実させる
・たまには贅沢をしておいしいものを食べる
・孫にお小遣いをあげたり、一緒に出掛けたりする


数年置きに繰り返される年金改正。声高に「100年安心の…」と大改革を行ったのは何だったのか?そう思ってしまうのは私だけでしょうか?
勿論、発表される改正の内容を見れば、私たちにとって決して耳が痛い話ばかりではありませんが、職業柄かどうしても懐疑的に見てしまいます。

かつては全国民一律に決まっていた年金開始年齢は、ご承知の通り「選択制」が導入されている現状ですが、皆さんの周りから「何歳から受け取る?」「後ろ倒しにした方が得するらしいよ!」といった会話が聞こえてくることはないですか?実際、皆さんは何歳から受け取りたいと考えていますか?「後ろ倒しにすれば得」という説については「諸条件が伴うことで」という補足が必要であり、ご自身のケースを役所で確認して判断するのが肝要です。


■もし、55歳から年金を受け取れるとしたら?

ご年齢によってはご存じではない方もいるかもしれませんが、かつては55歳から年金を受け取れる時代がありました。

個人が受給する年金の総額は「年金額×年金開始以降の生存年数」になるので、寿命が短ければ総額は少なくなります。また、その年金の財源は現役世代が納めた年金保険料から成る仕組みなので、「年金保険料×現役世代の人口」が影響することになります。

かつては、現在に比べると寿命が短いうえに現役世代の人口も多かったことで成り立っていた訳ですが、では現在の平均寿命は何歳でしょうか?
年金制度が始まったころに比べると30年以上も長生きしていることが分かります。

--------------------
・男性:1947年 50.06歳 ⇒ 2020年 81.64歳
・女性:1947年 53.96歳 ⇒ 2020年 87.74歳
--------------------

仮に、計算しやすいように年金額を月々10万円とした場合、30年間分の年金総額はいくらになるでしょうか?

--------------------
・月々10万円×12ヶ月×30年=3,600万円
--------------------

実に、国民一人あたり3,600万円もの年金原資を確保する必要がある計算になります。
こうして昔と今を比較してみると、年金財源が逼迫していることも必然であることが分かると同時に、今後益々“少子高齢化”が進むことを考えれば、どうしても「国の政策にも限界があるのでは…?」と考えさせられてしまいます…。


~後編に続きます~

2023年えらびっとぬりえコンテスト開催のお知らせ

掲載終了まであと26日

2023年えらびっとぬりえコンテスト開催のお知らせ

毎年ご好評をいただいております「えらびっと ぬりえコンテスト」を、2023年も開催いたします!
保険deあんしん館 各店舗にて配布している「ぬりえ用紙」に楽しく色をぬってコンテストにご参加ください。
参加者全員に表彰をご準備してます。お子様から大人の方まで、たくさんのご応募をお待ちしてます。

■表彰
グランプリ:松坂牛カタログギフト
銀賞   :全国お取り寄せスイーツギフト
銅賞   :ステラおばさんのクッキー詰め合せ
参加賞  :水彩色鉛筆(12色)

■表彰の受取方
すべての賞品は、表彰発表後の3月末以降に保険deあんしん館 各店舗にてお渡しとなります。

■応募方法
①保険deあんしん館各店舗にて、コンテスト用の「ぬりえの用紙」を受け取ってください(店舗の外にも設置してます)。
②ご自宅で楽しくぬりえに色をぬってください。
③保険deあんしん館各店舗までぬりえをお持ちください。

■受付期間
2023年1月7日(土)~3月4日(土)

■発表・展示
2023年3月24日(金)に保険deあんしん館公式ホームページにて発表します。
※ご応募いただいた作品の返却はできませんのでご了承ください。

やっぱりやるべき?マイナンバーカードとマイナポイント

やっぱりやるべき?マイナンバーカードとマイナポイント

2024年から健康保険証が廃止になりマイナンバーカードへ一本化される。
そして、あちこちで見かける「マイナポイント」の広告・・・。
マイナンバーカードを作るのを後回しにしていたけれど、そろそろ作らないといけないような雰囲気になっていると感じませんか?

マイナンバーカードの全国の普及率は51.1%(令和4年10月末時点)で、2人に1人は既にマイナンバーカードを持っています。
市区町村によっては、普及率90%を超える自治体もあるようです。

今は、マイナンバーカードで最大2万円分のポイントがもらえることもあり、ポイント付与のキャンペーンが終わる前にカードを作ろうとしている人が多いです。


一方で、お得なマイナポイントには惹かれるけれど、ポイント目当てでマイナンバーカードを作ってしまって本当に平気?なんだか心配・・・。と考えている人も多いのではないでしょうか。

カードを申請する前に、マイナンバーカードの機能と安全性について確認しておきましょう。

マイナンバーカードはプラスチック製のICチップ付きカードで、券面に氏名、住所、生年月日、性別、マイナンバーと本人の顔写真等が表示されます。
運転免許証と同じく、顔写真付きの本人確認書類として使用することができます。


■マイナンバーカードでできること

①コンビニで住民票、印鑑証明などの公的書類の発行が可能
平日区役所へ行くのが難しい会社員にとっては、とても便利なサービスです

②健康保険証として利用が可能
事前に登録しておくと、病院の受付でカードをかざすことで、健康保険証の代わりとして利用できます。
過去の受診記録や処方されたお薬の情報も、マイナポータルというアプリを使ってスマホでカードを読み込むと確認できます。予防接種の記録も確認できるので、子供もマイナンバーカードを作成しておくと便利です。

③税金や年金の記録
マイナポータルというアプリから、本人の所得税や住民税の情報、医療機関で支払った医療費の情報を確認することができます。
年に1度届くねんきん定期便や、ねんきんネットで確認しなくても、自分の年金情報をアプリから確認することができます。


これだけの様々な情報を得ることができるマイナンバーカード、紛失や盗難された時のことを考えると心配ですよね。

マイナンバーカードを失くしたことに気付いたら、ただちに届出しましょう。
利用停止窓口へ電話連絡すれば、24時間受け付けてもらうことが可能です。
また、カードの利用停止手続きをする前に他者がカードを手に入れたとしても、暗証番号がわからなければカードを利用することも、情報を閲覧することもできません。

必要な時以外は携帯しない。
持ち出す場合は、万一紛失した場合にすぐに気付ける所に入れる。
など、自分で約束事を作っておくと良いですね。

いずれマイナンバーカードを作るなら、お得なマイナポイントがもらえるうちに取り組みたいですよね。

マイナポイントは、マイナンバーカード1枚で最大2万円相当のマイナポイントが付与されます。
マイナンバーカードは0歳から作ることができますので、家族全員分作るとなかなかの高額ポイントになるご家庭も多いです。

最後に、マイナンバーカードと3種類のマイナポイントの申請方法、申請期限をお伝えします。
まだマイナンバーカードを発行していない人は、少し急いだほうが良いので、早めに申請しましょう!


【手順①】
マイナンバーカードの申請(2022年12月末まで)
・マイナンバーカードの交付申請書(通知カードを切り離した下部分)を持っている人
・交付申請書はないが自分の個人番号が分かる人
・自分の個人番号が分からない人

それぞれ申請の手順が異なりますので、まずは自分の申請手順を確認しましょう。
マイナポイントをもらうためには、2022年末までに申請が必要です。早めに準備しましょう。

■マイナンバーカードの取得方法(総務省)
https://mynumbercard.point.soumu.go.jp/flow/mnp-get/

【手順②】
マイナンバーカードを受取ったら、マイナポイントを申し込む(2023年2月末まで)
マイナンバーカードを受取ったら、マイナポイントを受け取る準備ができます。
スマホをお持ちの方は、マイナポイントアプリから簡単に申込ができます。
ここで、ポイント付与を希望するキャッシュレス決済サービスを選択します。

■マイナポイントの申込方法(総務省)
https://mynumbercard.point.soumu.go.jp/flow/mykey-get/


マイナポイントには3種類あり、すべて受け取ると2万円相当のキャッシュレス決済で利用できるポイントが付与されます。

1)2万円分の利用、または2万円分のチャージで5,000円分のポイント
期日までに2万円分の決済ができるか不安な人は、チャージがお勧めです
2)健康保険証の登録で7,500円分のポイント
マイナポータルというアプリからマイナンバーカードの読み取りをして完了
3)公金受取口座の登録で7,500円分のポイント
国からの給付金等を受け取る口座をマイナポータルから予め指定しておきます

スマホで手続きする人は、マイナポイントの申込をするための「マイナポイント」アプリと、健康保険証や公金受取口座の登録をする「マイナポータル」アプリ。2つのアプリが必要ですのでインストール漏れのないよう気を付けましょう。

使い慣れている電子マネーやスマホ決済サービスにポイントを付与すれば、生活必需品の購入に充てたり、年末年始の帰省や旅行にかかる代金の決済に使うこともできて、とてもお得ですね。

マイナポイントで、物価高と年末年始の支出の対策をしませんか?

老後資金は2000万円もいらない!?本当に必要な老後資金とその対策 ~後編~

老後資金は2000万円もいらない!?本当に必要な老後資金とその対策 ~後編~

■自分に必要な「老後資金」を具体的に計算してみよう

① 定年後の収入を計算する
多くの人は公的年金が主な収入源となるかと思いますが、いくら受け取れるか確認してみたことはありますか?
実は年金額の目安は簡単にわかります。

【50歳以上の方】
 毎年誕生日の月に自宅に郵送される「ねんきん定期便」に「老齢年金の種類と見込額(年額)」として記載されていますので、簡単に確認できます。

【50歳未満の方】
 インターネットを通じて自分の年金の情報を、パソコンやスマートフォンから確認できるサービス「ねんきんネット」で確認できます。
 50歳未満の人の「ねんきん定期便」に記載されている金額は加入実績に応じた金額(その時点で受け取った場合の金額)なので、「ねんきんネット」を利用すると将来の受け取る金額のシミュレーションができます。

ただし、「ねんきん定期便」に記載された受給見込み額、および「ねんきんネット」の「かんたん試算」で表示される受給見込み額は、現在の職業のまま60歳まで働いたときに受給できる年金の見込み金額が書かれています。実際の年金受給額とは異なる場合がありますので注意しましょう。

② 支出を計算する ~3つの方法~

その1):家計簿で計算する
家計簿を付けている方であれば、毎月の支出は把握されていると思います。
その金額から、子の教育費や完済予定のローンなど、定年後は必要なくなる支出を引けばいいわけです。

その2):ライフプラン表を作成する
ライフプラン表に収入の年金額・退職金や、支出の生活費・イベント費などの項目を記入していきます。
金融庁公式ホームページ「ライフプランシミュレーション」を実施すると、老後生活のイメージがしやすくなります。

その3):ざっくりと計算する
「もっと簡単に、取り急ぎの概算を」とお考えの方は、大雑把ではありますが、現在の収入(手取り額)から毎月の貯蓄額を引いた金額の70%を目安に計算してみましょう。
総務省「家計調査報告(2021年)」(※3)によると、老後の生活費は現役時代の約70%に収まっています。

いかがでしょうか?これで、おおよその「収入」「支出」がイメージできたのではないでしょうか?

ただし、この計算はあくまで何もトラブルが発生しないことを前提にしていますので、さらに加えて「緊急予備資金」についてイメージしてみましょう。
老後には、病気や介護のリスクがつきものです。特に介護の場合は、いつ始まり、いつまで続くかがわからず、経済的な影響も大きいと言われています。
そこで、ここでは「介護にかかる費用」の平均(※4)をもとに、「800万円」を予備資金として追加しておきましょう。

③ 計算結果を確認する

最後に、①②で算出した金額を以下の式に当てはめます。
------------------------------
(年金の見込み月額金額−定年後の支出予測月額金額)×12か月×30年+800万円
------------------------------

この計算結果が、老後に必要な資金の目安になります。実際に計算してみて、少し実感が沸いたでしょうか?


貯えるべき金額が明確になりモチベーションが上がった方もいれば、想像以上の大きな金額にやる気をなくしてしまった方もいるかもしれませんね。

気持ちが前向きかどうかは別にして、いずれにしても生活していくのに「お金」は必要です。
現役時代は「働けばなんとかなる」とお考えでも、
・働ける場所が無い
・健康状態によっては働くことができない
といった“現実”が待ち構えているかもしれません…

「目の前の現在の生活が大事」というご意見もごもっともかとは思いますが、手遅れにならないように、少し先のことも考えて貯えてみるのはいかがでしょうか?


■どうやって貯えればいい?

計画的に無理なく貯えるために、次の2つのステップで考えてみましょう。

ステップ1):予算を決める
毎月いくらずつなら貯蓄に回せるかを決めましょう。目標額を貯めるためだからといって、日々の生活が苦しくなるような予算を設定すると長く続けられませんので注意しましょう。

ステップ2):貯める方法を決める
毎月の予算が決まったら、どんな方法で貯めるかを検討します。
銀行預金をはじめ、投資信託や株などさまざまな方法がありますが、老後へ向けた中長期的(20年以上)な資産形成にはiDeCoや保険などの税制優遇商品を活用すると良いでしょう。
これらの商品は税制面でのメリットを享受しながら、一度設定するすれば自動的に積み立てられる仕組みになっているので、投資初心者さんにもおすすめです。


「予算」と「方法」を決めたら、あとは実行に移すだけです!
なお、「もっとリアリティのある詳細なシミュレーションをもとにしっかりと検討してみたい!」という方は、専門家への相談をおすすめします!
老後資金に関する相談は深刻な問題であり、とても多くの方が相談に足を運ばれています。

毎年の「“体”の健康診断」と同じように、毎年そのときどきの状況にあわせて「”お金”の健康診断」を行っている方も増えています。
ぜひ、この機会に検討してみてください。


※1 家計調査報告(家計収支編)平成29年(2017年)II 世帯属性別の家計収支(二人以上の世帯) (stat.go.jp)
※2 家計調査年報(家計収支編)2021年(令和3年)Ⅱ総世帯及び単身世帯の家計収支 (stat.go.jp)
※3 家計調査報告(家計収支編)2021年(令和3年)平均結果の概要 (stat.go.jp)
※4 「介護費用に関するアンケート」の調査結果 (sompo-japan.co.jp)

老後資金は2000万円もいらない!?本当に必要な老後資金とその対策 ~前編~

老後資金は2000万円もいらない!?本当に必要な老後資金とその対策 ~前編~

皆さんは老後に向けた資産形成を始めていますか?
「老後2000万円問題」を受けて、不安を感じてすでに始めている方も、まだこれからという方もいらっしゃると思いますが、なぜ2000万円が必要かご存知ですか?

「老後資金2000万円問題」は、2019年6月に金融庁が出した報告書に端を発しました。
その時の「2000万円が不足する」という根拠は、厚生労働省の「家計調査」の高齢夫婦無職世帯の家計収支で、2017年のデータ(※1)をもとに算出されています。
そのデータでは収入が20万9198円、支出が26万3717円で、毎月の不足分が5万4519円となっています。
この不足分を30年間埋めるために必要なお金というのが約2000万円というわけです。

(5万4519円×12か月×30年=1962万6840円)

しかし、最新(2021年)の家計収支のデータ(※2)では、収入が23万6576円、支出が25万5100円となっており、毎月の不足分は1万8524円です。
30年だと666万8640円となります。

この金額であれば今から焦って準備しなくてもいいような気さえしてきますね。
しかし、この家計調査のデータというのはあくまでも平均値で、誰にでも当てはまるというわけではありません。この平均値の赤字額は毎年バラつきがありますし、収入の大部分を占める公的年金の受給額は世帯によって大きく異なります。
それに、元になっている調査では持ち家率が90%以上になっているので、賃貸派の場合は違う計算結果になると考えられます。

平均値に基いた金額だけに囚われると、せっかく早い時期から資産形成をしても、いざ老後を迎えた時に「資金が足りない!」「こんなに余裕があるなら現役時代にもっと自由に使いたかった!」といった事態になりかねません。
では、どのくらい必要なのでしょうか?


■老後資金の必要額は、収支のバランスで決まる

老後生活の赤字分を補塡する資金が「老後資金」ですから、毎月・毎年の赤字額がわかれば、それに平均余命を掛け算すればおおよその必要額はわかりますが、平均余命をもとに計算すると、長生きした場合にリスクがあります。
そこで、「人生100年時代」と言われる中、ひとつの目安として「65歳から95歳の30年間」の老後資金を計算してみます。

-----------------------------
「老後資金の必要額」=毎月の赤字×12か月×30年
-----------------------------

まだピンと来ないのが正直なところかと思いますが、ご自身のデータを入れていくと、少しでも現実的に捉えられるのではないでしょうか?

後編では具体的な計算方法をお伝えします。

保険deあんしん館 吉祥寺サンロード店のご紹介

保険deあんしん館 吉祥寺サンロード店

保険のプロがお悩みを解決します

「保険deあんしん館」は、保険会社42社(2023年1月現在)からくらべて選べる、無料保険相談ショップ。複数の保険相談の中からお客さまの将来の生活設計(ライフプラン)に合った保険をご提案いたします。
また、ご契約後の保険のメンテナンスや給付金の請求等も、全て保険deあんしん館がご対応・サポートをさせていただきますのでご安心ください。

保険deあんしん館 吉祥寺サンロード店

「生命保険」「損害保険」を取り扱ってます

生命保険はもちろん、医療保険・がん保険・個人年金保険・学資保険・介護保険・傷害保険・火災保険・自動車保険・自転車保険・旅行保険・外貨建て保険・就業不能保険など、保険の事なら何でもご相談いただけます。

保険deあんしん館 吉祥寺サンロード店

何度相談されても無料! 土・日・祝日も19:00までご相談OK

「お客さまが納得してベストな保険を見つけていただく」ために、保険をわかりやすく解説して、それぞれの保険会社の強みを活かした「あなたにあった保険選び」の場をご提案します。

不安や疑問が解決できるまで、何度相談されてももちろん無料です。
また、お席が空いていれば、ご予約が無くてもご相談いただけます。

保険deあんしん館 吉祥寺サンロード店

【駅チカ 徒歩4分】吉祥寺サンロード商店街内にあります

「保険deあんしん館」は、吉祥寺駅北口を代表するメインストリートのひとつ「吉祥寺サンロード商店街」にあります。
ドイツパン専門店「リンデ」さんのお隣にございますので、商店街でのお買い物帰りにお気軽にお立ち寄りください。

保険deあんしん館 吉祥寺サンロード店

おむつ替え・授乳室はどなたでもお使いいただけます

東京都の「赤ちゃん・ふらっと」に指定されている授乳室・おむつ替えスペースは、個室でご用意してます。こちらのスペースは、保険の相談をしなくてもいつでも無料で利用できます。
無料でおしりふき等もご準備しておりますので、お買い物の際でもお気軽にお使いください。

保険deあんしん館 吉祥寺サンロード店

お子様連れでもごゆっくりご相談いただけます

店内入り口近くに家をモチーフにしたキッズスペースがあり、お子様に大人気です。
ご安心してお子様とご来店いただけます。

保険deあんしん館 吉祥寺サンロード店

最短30秒で予約ができます

スマートフォン・WEBから、5つの項目を入力すれば予約が完了できます。
当日の保険相談は、お電話にてご予約が可能。専門のオペレーターがスムーズにご案内いたします。

保険deあんしん館 吉祥寺サンロード店

オトクなキャンペーン開催中です!

ご加入中の保険がございましたら、保険証券あるいはパンフレットなどの資料をご持参ください。現在のご加入状況について、より詳細な解説やご質問への回答を行うことが可能となります。
また、保険証券をお持ちいただいたお客さまを対象に「オトクなキャンペーン」を実施してます!詳細は「店舗からのお知らせ」をご参照ください。

当日・翌日のご予約はお電話から

お気軽にお問い合わせください

0120-201-724

通話無料・年中無休 | 受付/9:30~18:30

30秒で完了!ネット予約はこちらから

  • :電話で予約受付中
  • :受付中
  • :受付不可

プランナー紹介

保険deあんしん館 吉祥寺サンロード店

店長からのご挨拶

保険は万が一があったときに大切な方をお守りすることができる商品です。しかし保険は分かりづらいと思われがちです。相談会を通して不安なお気持ちを私が解決いたします!
お客様の安心できる未来のために全力を尽くしますのでお気軽にご相談ください!

保険deあんしん館 吉祥寺サンロード店

吉祥寺サンロード店 スタッフ

私達は、お客様お一人お一人に合った保険をお選びし、皆様に安心してよりよい人生を歩んでいただきたいと考えております。
ご加入後もご安心いただけるよう、全力を尽くします。いつでもお気軽にご相談ください!

保険deあんしん館 吉祥寺サンロード店

吉祥寺サンロード店 スタッフ

「大切な人」を、万が一の際に守ることができる金融商品が「保険」です。
お客様がいま抱えている不安を解消して、最善の方法をご一緒に考えるべく、全力でお手伝いさせて頂きます!

基本情報

店舗名保険deあんしん館 吉祥寺サンロード店
募集代理店アセットガーディアン株式会社
営業時間 10:00 ~ 19:00 ※ 新型コロナウイルスの影響で店舗営業日・時間等に変更がある場合がございます。
定休日毎週木曜日・第2水曜日
住所 〒180-0004 東京都 武蔵野市 吉祥寺本町1-11-27 サンロード菅井ビル1階
交通アクセスJR・京王線「吉祥寺駅」から徒歩4分(吉祥寺サンロード商店街内)
設備・特徴 キッズスペース、授乳スペース、女性スタッフ 、取扱保険会社 30 社以上
提供サービス保険の新規加入相談、保険見直し相談、資産形成の相談、資産運用の相談、ライフプラン設計相談、年金やリタイアメントプランの相談、相続の相談、法人保険の相談
取扱商品生命保険、医療保険、がん保険、養老保険、個人年金保険、学資保険、介護保険、傷害保険、火災保険、自動車保険、自転車保険、旅行保険、変額保険、経営者保険、法人保険

※取扱保険会社の一部商品について、新規販売停止となっている場合がございます。予めご了承ください。

取扱保険会社一覧

この店舗では以下の保険会社の商品を取り扱っています。

損害保険会社

一般的には、火災保険、自動車保険、自転車保険、傷害保険、海外旅行保険、所得補償保険などを扱っている保険会社です。

  • あいおいニッセイ同和損保
  • アイペット損害保険
  • AIG損害保険
  • スター保険
  • セコム損害保険
  • ソニー損害保険
  • 損害保険ジャパン日本興亜
  • Chubb損害保険
  • 東京海上日動火災保険
  • 三井住友海上火災保険

その他

  • 少額短期保険会社・その他

※取扱保険会社の一部商品について、新規販売停止となっている場合がございます。予めご了承ください。

道順案内・駐車場案内

道順案内

  1. 保険deあんしん館 吉祥寺サンロード店

    吉祥寺駅のロータリーのある北口に出ます

  2. 保険deあんしん館 吉祥寺サンロード店

    ロータリーの左にあるサンロード商店街に入ります

  3. 保険deあんしん館 吉祥寺サンロード店

    商店街を進み、最初の信号を渡ります

  4. 保険deあんしん館 吉祥寺サンロード店

    直進し右手のウッド調のお店です

駐車場案内

  1. 保険deあんしん館 吉祥寺サンロード店

    駐車場・駐輪場について

    誠に申し訳ありませんが、駐車場や駐輪場のご用意は御座いません。
    商店街近くのコインパーキングや駐輪場等をご利用ください。

当日・翌日のご予約はお電話から

お気軽にお問い合わせください

0120-201-724

通話無料・年中無休 | 受付/9:30~18:30

30秒で完了!ネット予約はこちらから

  • :電話で予約受付中
  • :受付中
  • :受付不可
ネットで相談予約する

0120-201-724

通話無料・年中無休 | 受付/9:30~18:30